意外とよくある?厄介なネックレスの絡まり

5

ネックレスのをお持ちの方は、一度は経験があるのでは無いでしょうか。

「ネックレスが絡まってしまった…」

ここでは”ネックレスの絡まりをほどく方法”をお伝えします。
使えないとあきらめる前に、一度試してみましょう。

絡まりの直し方

3

使う道具は”つまようじ”です。

  1. 絡まったチェーンを机に置き、両手につまようじを持ちます
  2. 団子状になった結び目をつまようじの先で、軽く押しながらほぐします。
  3. ほぐれてきたら、つまようじや手を使って1本1本ほどいていきます

チェーンや絡まり状態にもよりますが、多くの場合はこの方法でほどけます。

この方法でほどけない場合は、硬く絡まっていると思われます。
無理せずプロに相談してみましょう。

6

プロでも同じようなやり方でほどいていきます。
細かい絡まりを確認できるルーペや、細かいものをつかめるピンセット、
千枚通しのようなものを使い少しづつほどきます。

ポイントは、無理に強く引っ張らない事!
イライラして強く引っ張っても、状況が良くなることはほとんどありません。

さらに固くなったり、切れたり、チェーンに変な癖がつく可能性があります。
愛情をもって優しくほどきましょう。

少しの根気と集中力が必要ですが、綺麗にほどけると気持ちよく身に付けられます。

 

絡みにくいネックレスの仕舞い方

1

いざ、身に付けたいときにネックレスが絡まっていたらショックですよね。
ほどく時間があればいいけど、そんな時は急いでいることが多いのではないでしょうか。

とくに細いチェーンや、長いチェーンは比較的絡みやすいので
仕舞い方にも少し工夫が必要かもしれませんね。

〈平置き〉
他のネックレスと接しないように、絡まないように伸ばした状態でケースに置く

〈つりさげる〉
他のネックレスと接しないように、絡まないように伸ばした状態でピンやフックに掛ける

ジュエリーケースや小物入れに仕舞う場合もポイントは同じで、
”チェーン同士が接しないようにする”事です。
金具も外した状態だと絡みやすいので、組んだ状態にしておいた方が良いでしょう。

持ち運びに便利な方法

4

〈ストローを使った保管〉
ネックレスを持ち運びをしたい場合は、ストローを使った保管がおすすめです。

準備するものは、ストローです。
チェーンが通る大きさで、チェーンの全長の半分弱くらいの長さがあるものを使います。
長い場合は切って調整します。

やり方は、留め金具を外した状態から始め、
チェーンの片側をストローに通し、ストローに通していないもう一方の金具と留めるだけです。

これで旅行やお出かけでの持ち運びは安心です。
絡まりにお困りの方は、一度お試し下さい。