皆様にとって結婚指輪は、一生着けていく永遠の
宝物になります。

間違った選び方をしてしまえば、
一生後悔してしまいます。

皆様が後悔しない為にも、
よくある失敗例を話していきたいと思います。

・デザインに飽きてしまった

ring-01


結婚指輪は毎日つけ、買い替えることもほとんどないもの。 だからこそ、デザイン選びは慎重に行う必要があります。
シンプルなものでも、デザイン性の高いものでも、「自分がずっとつけていられるかどうか」を重視して選びましょう。
シンプルすぎて「もっと華やかにすればよかった」と後悔することもありますし、
反対に凝ったデザインだと「もっと目立たないものにすればよかった」と後悔してしまうこともあります。


・妥協して選んでしまった


ring-02


予算オーバーや、パートナーとの意見が合わなかったという理由で、結婚指輪選びに妥協してはいけません。
毎日つけるものなので少しでも妥協すると後悔が残り、「本当はこれが欲しかったのに」と思い続けることになりがちなのです。
予算やデザイン面でお互いに納得が出来るものを諦めずに探しましょう。
店頭で探すだけでなく、インターネットや情報誌を見ながら、多くの指輪情報を収集するのがコツです。


・重さや引っかかりが気になる


ring-03


デザインは文句なしだけど、いざ購入して毎日つけていると重さや引っかかりが気になってしまうことがあります。
重いと装着感が気になりますし、引っかかりのあるデザインだと服を着替える時や家事をする時に邪魔になります。
一時的には問題なくても、一生付け続けることを前提に選びましょう。
日常的につけるものは、「着け心地」に注目して選ぶことも大切です。


・アフターケアがなかった


ring-04

結婚指輪は毎日つけていると傷がつき、段々と歪んでくることがあります。 体型の変化によってはサイズ直しが必要なことも。
結婚指輪はアフターケアが必要になることを見越して、保証期間やサイズ直し、クリーニングなどのサービスがどのくらい受けられるかをチェックしておきましょう。
長く同じ指輪を使い続けるためのコツになります。


以上のことを含め、皆様には後悔の無いような結婚指輪を選んでいただきたいと
思います。


当店も、そんなお客様に寄り添える店になれるように
日々精進していきたいと思います。