ジュエリーにはかかせない石


【ダイヤモンド】


綺麗なダイヤは女性の美しさを引き立ててくれ、
ダイヤモンドは女性の憧れだと思います。


そんなダイヤモンドがなぜ高いか
簡単に4つにまとめて、お話したいと思います。


採掘に手間がかかる

daiamond-01


ダイヤモンドは地中150キロという、かなり深いところで作られます。
そして人類の技術では150キロという深さまで地中を掘ることはできません。

そのため現在では人類の手の届く範囲のダイヤモンドを探すという方法で採掘しています。
手の届く範囲内でダイヤモンドの原石が存在している可能性の高いところを採掘するのに、
大変な手間がかかるため結果的にお金がかかり、ダイヤモンドは高価になります。


希少価値が高い

daiamond-02


ダイヤモンドの採掘量自体は決して少なくはありません。
しかしそれは宝石になる前の段階の原石の採掘量の話。
その原石が磨かれることによって宝石としてのダイヤモンドになります。


しかし採掘された原石のうち、宝石としてのダイヤモンドになる確率は1割程度といわれています。
そのため結果的に供給量が少なくなり、ダイヤモンドは高価になるのです。


加工にお金がかかる

daiamond-03


ダイヤモンドは非常に硬いため、加工するには手間がかかるそうです。
ときには手作業での加工が必要になることもあるため、
それがさらにダイヤモンドの価格を高価にしています。


加工作業にかかる費用も規格外ということなんですね…。


まとめて売ることができない

daiamond-04

たとえば水の場合、1リットルあればそれを500ミリリットルずつで売ることが可能ですし、
500ミリリットルずつ産出されれば、それを1リットルとして売ることも可能です。
しかしダイヤモンドの場合、1カラットのものを10個集めたところで、それを10カラットのものとして売ることはできません。


そのためカラット数が大きくなるにつれて比例関数的に希少価値が上昇し、その分価格も高価になります。


おわりに


簡単な説明でしたが、ダイヤモンドについて
少しでも知って頂けたらと思います。


そんなダイヤモンドを生かしたジュエリーを
着けることで、日々の生活を明るく美しく
過ごしてみては、いかがでしょうか。